現場で役立つ

献血できる薬 一覧表

Pocket

街を歩いたらよく見る光景、「献血にご協力くださーい!!」

科学や医療が進んだ現代でも、血液製剤を作ることは難しく献血に頼っているのが実情です。

献血に協力しようと思っても、ふと気になることが!

私が今飲んでいる薬は献血に問題ないのだろうか?

そこで、献血をする際に飲んでいてもいい薬、ダメな薬を一覧表にまとめてみました。

ただし、最終的に献血できるかどうかは薬の種類だけでなく、体調・服薬目的・症状などを考慮して検診医が判断します。

献血の種類

主に全血献血成分献血の2つです。

「全血献血」が血液中の全ての成分を献血するのに対して、「成分献血」は特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。献血時間は、全血献血と比べて長くなりますが、身体への負担は軽くなるのが特徴です。

献血 全血献血 400mL献血
200mL献血
成分献血 血小板成分献血
血漿成分献血

主な採血基準

全血献血 成分献血
200mL献血 400mL献血 血漿成分献血 血小板成分献血
1回の
献血量
200mL 400mL 600mL以下
(循環血液量の12%以内)
年齢 16歳~69歳※1 男性:17歳~69歳※1
女性:18歳~69歳※1
18歳~69歳※1 男性:18歳~69歳※1
女性:18歳~54歳
体重 男性:45kg以上
女性:40kg以上
50kg以上 男性:45kg以上
女性:40kg以上
最高血圧 90mmHg以上
血色素量
(ヘモグロビン濃度)
男性:12.5g/dL以上
女性:12g/dL以上
男性:13g/dL以上
女性:12.5g/dL以上
12g/dL以上
(赤血球指数が
標準域にある女性は
11.5g/dL以上)
12g/dL以上
血小板数 15万/μL以上
60万/μL以下
年間※2
(52週)
献血回数
男性:6回以内
女性:4回以内
男性:3回以内
女性:2回以内
血小板成分献血1回を
2回分に換算して
血漿成分献血と合計で24回以内
年間※2
(52週)
総献血量
200mL献血と400mL献血を合わせて
男性:1,200mL以内
女性:800mL以内

※1 65歳以上の方の献血については、献血いただく方の健康を考慮し、60~64歳の間に献血経験がある方に限ります。

※2 期間の計算は直近の採血を行った日から起算します。

日本赤十字社HPより抜粋



献血の前提条件

薬の服用だけでなく、献血ができない絶対条件があります。

・3日以内に出血を伴う歯科治療(抜歯、歯石除去等)を受けた方

・4週間以内に海外から帰国(入国)した方

・1カ月以内にピアスの穴をあけた方

・エイズ検査が目的の方

6カ月以内に下記に該当する方

a) 不特定の異性又は新たな異性と性的接触があった

b) 男性どうしの性的接触があった

c) 麻薬、覚せい剤を使用した

d) 上記a~cに該当する方と性的接触をもった

今までに下記に該当する方

a) 輸血(自己血を除く)や臓器の移植を受けた

b)ヒト由来プレセンタ注射薬を使用した

c)梅毒、C型肝炎、マラリア、シャーガス病にかかった

※上記に該当されない方でも医師の判断で献血をお断りすることがあります。

a)の新たな異性と性的接触があったって、、、厳しくないですか?!

献血できる薬、できない薬一覧表

当日服用していても献血出来る薬

当日服用していても献血出来る薬 備考
1. ビタミン剤 貧血治療薬・ビタミンKを除く
2. ミネラル剤 貧血治療中を除く
3. 漢方薬 肝疾患・感冒・喘息等のための服用を除く
4. 非ステロイド系抗アレルギー薬 ステロイド系抗アレルギー薬(セレスタミン、アブシラジン等)を除く
5. 抗ヒスタミン薬(セレスタミンを除く)
6. 高脂血症治療薬 エパデール・ロトリガ等を除く
7. 胃腸薬 制吐剤・感染性下痢症を除く
8. 予防薬としての抗潰瘍薬
9. 低用量ピル 緊急ピルは除く
10. 少量の女性ホルモン等(更年期障害や月経困難症等の補充療法)
11. 局所投与の薬物(点鼻・点眼・吸入・外用(注)) ※広範囲使用、感染症による場合を除く
12. 便秘薬
13. 降圧薬 (高血圧症の治療薬として服用中で、
血圧がほぼ正常域にコントロールされていること)
14. 抗潰瘍剤 消化管潰瘍がある場合を除く

当日服用していなければ献血出来る薬

当日服用していなければ献血出来る薬 備考
1. 高尿酸血症治療薬
2. 内服用筋弛緩薬
3. 睡眠薬・抗不安薬・マイナートランキライザー
4. 消炎酵素剤 炎症症状がないこと
5. 前立腺肥大症治療薬 アボルブ、アボダート、プロスカー、プロペシアを除く
6. 利胆薬
7.市販薬(頭痛、風邪薬等) 抗生物質が含まれていないこと
8.高脂血症治療薬(ロトリガ、エパデール)

服用中止から3日経過すれば献血出来る薬

服用中止から3日経過すれば献血出来る薬 備考
1. 向精神薬(抗不安薬・マイナートランキライザーを除く)
2. 抗菌薬(抗生物質、合成抗菌薬)・抗真菌薬・抗結核薬
3. 抗ウイルス薬
4. 止痢薬
5. 非ステロイド系抗炎症薬・風邪薬
6. 痛風発作治療薬(コルヒチン)
7. 喘息治療薬 発作の有無を考慮
8. 事後に服用する緊急ピル(中用量ピルを含む)
9. ステロイド系抗アレルギー薬(セレスタミン、アプシラジン等)



献血できない薬

献血できない薬
1. 抗けいれん薬
2. 抗凝固薬・血小板凝集抑制薬
3. 抗甲状腺薬
5. 冠拡張薬(降圧のみを目的とする場合は 1.に準じる)
6. 強心薬等
7. 治療用ホルモン薬(ステロイドなど):1ヶ月間献血延期
8. 免疫抑制剤:1ヶ月間献血延期
9. 抗癌剤:無期献血延期
10. 乾癬治療薬(a.チガソン):無期献血延期 (b.ソリアタン):3年間献血延期
11. 前立腺肥大症治療薬(アボダート)6ヶ月間献血延期

管理薬剤師情報館

2020/8/7

イソジン争奪戦?!

8月4日の午後15時ごろ、うだるような暑さにだらだらと休憩していたら患者がきた   イソジンありますか??   当薬局では、一般用の医薬品(OTC医薬品)はほとんど置いてはいない。 というのも、近隣のスーパーやドラックストアに行けば安くてポイントも貯まるので、皆そちらで購入するからだ。   当薬局には置いてなくて、申しわけございません。 目の前のスーパーに行けばあると思いますよ?   それが全部売り切れてないのよ!!テレビでやっていたの知らないの?   ど ...

ReadMore

現場で役立つ 薬局経営

2020/6/4

誰も教えてくれなかった薬価差益率と消費税【一覧表付き】

薬価差益率については、以前の記事でご紹介しました。 ここではもう少し掘り下げて、本当にその数字で利益が出ているのかを検証したいと思います。 目次1 薬価差益率と実利益の関係2 薬価差益率には消費税が含まれていない3 結局いくら儲かるのか 薬価差益率と実利益の関係 【問題】 ある卸のひと月の加重平均した薬価差益率は20%で、その月の仕入れた総薬価金額は100万円でした。 さて、実際にいくら儲けたでしょうか?? 薬価差益率の計算式は、 薬価差益率(%)= 薬価差益 / 薬価 × 100 = (薬価ー仕入れ値) ...

ReadMore

現場で役立つ 薬局経営

2020/6/22

儲かる後発品はどれ? 数字で選ぶ後発品

薬局運営をする上で忘れてはいけないのが、薬価差益です! この記事では、どの仕入先からどの薬を選べば最も利益がでるのか? 選定基準となるポイントを解説します。 目次1 『薬価差益』とは2 『薬価差益率(%)』とは3 薬価と薬価差益比率から薬価差益を計算する4 薬価差益を考える(薬価が同じ場合)5 薬価差益を考える(薬価が異なる場合)6 後発品のメーカーを選定するポイント 『薬価差益』とは その言葉の通り、薬価との差額による利益のことです。 薬には国が決めた価格(薬価)が設定されています。この価格はだいたい2 ...

ReadMore

薬局を開設する

2019/8/18

麻薬小売業者免許の申請

麻薬処方せんを調剤するためには、薬局開設許可に加えて麻薬小売業者の免許が必要です。 薬局の開設許可申請を保健所にする際に、麻薬小売業免許の申請も同時に行いましょう!(理由は下記) 麻薬小売業者の申請に必要なもの ・麻薬小売業者免許申請書 ・診断書(診断日から1ヶ月以内のもの、法人の場合は、業務を行う役員について) ・薬局の平面図(麻薬保管庫の場所を明記してください)及び麻薬保管庫の立体図 ・業務を行う役員の画定図(法人の場合で、業務を画定している場合) ・手数料(3700円~4000円) ・薬局開設許可証 ...

ReadMore

薬局を開設する

2020/6/3

保健所の立ち入り調査時に必要なもの【ダウンロード付】2020年

保健所への開設申請がやっと終わり、一息ついているかもしれませんが、まだまだやることはあります! 申請が終われば、次は薬局の現地調査があります。 この日までに、用意しておくべきもの一覧をまとめました。 参考:薬剤師会HP等 目次1 調査項目-備考-確認事項1.1 業務に係る適正な管理のための指針の策定1.2 医薬品の情報提供に係る業務手順の策定2 調査事項-掲示事項2.1 薬局の管理運営事項2.2 要指導医薬品等医薬品版売制度に関する事項3 設備器具一覧表4 薬局内掲示物4.1 1.保険薬局における必須掲示 ...

ReadMore

 

-現場で役立つ

© 2020 調剤薬局の管理薬剤師.com Powered by AFFINGER5